宝物

宝物みたいで、涙が溢れてしまう。

そんな気持ちを持っていた、今もまだもっている、たぶん。

 

夢で見た、次に進まなくてはいけないと思った。

涙を流しながら、荷物を詰めていた。

母親は、あっさりと、次だね、と言った。

たぶんそろそろ。そんな時。

 

夢だけど、夢なんだけど、いつもいつも訴えかけてくる。

大好きだよ、元気だよ、さよならだよ、次だよ。

やっぱり一生頑張り続けなくちゃいけない。いつか死ぬんだし。

おしゃれサロンにも、行こう。

脱毛サロンにも、行こう。

なるべく元気に毎日過ごそう。

 

大切なものは大切なままでも、次に大切にできるもの探しても、いいかもしれない…?

でもきっとみつかるのは、思いもよらないたまたまな時なんだろうな。